子供の学力に合っていないのに気づかない

私立中学への進学や優秀な高校や大学に進学させたいとき、通常通っている学校の勉強だけでは足りないかもしれません。また学校の授業についていけていないときもあり、これらのときには塾に行かせると良いでしょう。ただ親によっては塾に行かせれば学力の問題が解決すると考えるときがあり、すべてを塾に任せきりになりがちになります。任せきりにしていると子供の学力が塾に合っていないのに気づかなくて、他の塾への変更が遅れたりします。子供の学力がどんどん上がっているときに今の塾で物足りないなら、さらに優秀な生徒を集めた塾に変更するのが良いでしょう。逆に授業が早すぎてついていけないのであれば、塾のレベルと少し落とすなどの判断が必要になります。

子供が自分で勉強しなくなる可能性

子供の勉強はまず学校で習い、それを定着させるために自分でも勉強します。ただ子供のうちは勉強の必要性がわからないときがあり、なかなか自宅で勉強してくれないときもあります。仕事などで忙しい親は子供の勉強を見られないからと塾に通わせて塾にすべてを任せようとしますが、それによって問題が生じるときもあるので注意が必要でしょう。塾に通わせているから自宅で勉強しなくていいわけではなく、自分から勉強する気持ちを持たせなければいけません。どうしても自宅で子供の勉強を見られないなら自習室のある塾を選ぶようにしましょう。学校や塾で習った後の自宅学習分を自習室で行えば、自宅での学習がなくても知識を定着できます。親は子供が自習室でしっかり勉強しているか確認するようにしましょう。

今年は色々と混乱要素があり、ここまで勉強が予定通り進んでいないという学生さんも多いでしょう。しかし冬期講習で追い込みをかければ、まだまだチャンスはあります。