親の負担が大きいと、塾への期待も大きくなる?

塾を選ぶときには親の意向が大きく影響します。それ自体は当たり前の事です。塾の費用も交通費も親の負担です。送迎が必要なこともあれば、塾のスケジュールに合わせた食事の支度が必要なこともあります。子供の通塾は親には大きな負担がかかります。親の都合や希望が塾選びに影響するのは当然の話なのです。塾に通う子供のために、どうしても親がしなければならないことはたくさんあります。子供の学力向上や受験のために親の協力は欠かせません。親にしかできないことも多いはずです。 親の立場からすれば、子供の塾のために大きな負担をしているわけですから、自分が望むような結果が欲しくなるのは当然です。深くかかわりたくもなってくるのです。ところが、親が塾に関わりすぎるとデメリットが出てくることもあります。

親の期待に応えることが塾の目的になってない?

子供が通塾を始めると多くの親は成績向上や進学に期待を膨らませます。つい、こんな点数しか取れないのか、こんな問題もわからないのかと文句の一つも言ってしまうものです。たまに、こんな言葉を言ってしまうことぐらいどこの親にもあります。問題は回数です。毎度毎度注意と文句のオンパレードでは子供の心は疲れ果ててしまいます。特に、塾での勉強を細かくチェックし、直接、塾へ指導強化の要請をする親御さんもいます。

こうなるとデメリットが増えていきます。子供は常に親のために勉強している気持ちになってしまうのです。塾側もクレームが多い親御さんには神経質にならざるを得ません。子供は勉強を楽しめずに、やがては成績が低下してしまいます。あまりにも親が塾に深くかかわってしまうと、塾での学習さえも親の圧力と感じてしまうのです。塾に丸投げは困りますが、深くかかわりすぎると子供の自主性ややる気を奪ってしまうことにもなりかねません。